フィリピン・マニラ夜遊びクラブ

ナンパから風俗まで。ゴーゴーバーや援助交際カフェはもちろん、マニラを中心にフィリピンでの夜遊び(ナイトライフ)を如何に楽しむか考察します。

フィリピンのゴーゴーバーの遊び方、料金など【2017年最新版】

フィリピンのゴーゴーバーとは?

エドコン店内

ゴーゴーバーとは、水着を着た女の子がステージ上で踊っていて、指名したら横に座って呑んでくれる。なおかつ飲んだ後に女の子を持ち帰れる。というタイプの日本にはない形式のバーです。

数で言えばタイの方が多いかもしれませんが、アメリカンな文化という意味で言えば、フィリピンの方がよりアメリカンな気がします。フィリピンでゴーゴーバーを楽しめる場所はいくつかあります。

ゴーゴーバーの遊び方

ゴーゴーバー入場料は無料なので、気軽にお店に入ってみて、カワイイ子がいないなと思ったら店を出て、次の店に行く。
なんなら店内をぐるっと一周して、適当に女の子を触りまくってから出ても良いw

着席して飲み物を頼まない限り料金は発生しません。なので、お店の子は入った途端に「座って座って!」と半ば強引に促してくる。
でも押しの強さに負けたらダメです。ノーと言える日本人になりましょう。
気が乗らなかったら次の店に行けば良いのです。

ちょっと気になる子がいるなぁと思ったら、着席して飲み物を頼みます。
ステージで踊っている子を指名することができます。

だいたい番号の名札を付けていることが多いので、気に入ったゴーゴーガールの番号を指名します。
すると隣に着席してくれます。そこでコミュニケーションを取って、持ち帰りたいならバーファインを払って退店という流れになります。

2017年9月23日現在のフィリピンペソのレート
1ペソ=2.20円

ゴーゴーバーの場所

ムーランルージュ

フィリピンでは大きく分けると、飛行機の都合上、「マニラ」か「セブ」に分けられます。

マニラであれば、「マニラ市内(エドコン、ブルゴス)」、北の「アンヘレス」、北西の「スービック」、南の「プエルトガレラ」です。
セブであれば「セブ市内(マンゴー)」「マクタン島」になります。

フィリピンには、この5か所しかゴーゴーバーは存在しません。

1.エドゥサコンプレックス EDSA International Entertainment Complex

マニラのedsaにある通称エドコン。バンコクでいうとナナプラザみたいな場所で、フィリピンのゴーゴーバーと言えば「エドコン」です。7軒ほどゴーゴーバーが連なっています。もはや観光名所と化しているので、ご存じの方も多いかと思いますが、有名なだけにかなり高いです。ただ、日本人が好みそうな幼い感じの子も多いですね。それが理由なのか日本人も多いです。

女の子を持ち帰ろうとすると、バーファインが2,000ペソ(4,400円)、女の子にショートで3,000ペソ(6,600円)なので、軽く1万円は超えます。

<店舗一覧>

  • ピットストップ(PIT STOP)
  • スペースガールズ(SPACE Girls)
  • ファイアーハウス(FIREHOUSE)
  • ブレッツアンドアロー(Bullets & Arrows)
  • コットンクラブ(Cotton Club)
  • サンバ(SAMBA)
  • カジノ(CASINO)

EDSAコンプレックス(エドコン)の遊び方

2.ブルゴス通り

マニラのマカティ地区にあるブルゴス通り。およそ30軒ほどゴーゴーバーが軒を連ねている。マニラの中では最大のゴーゴーバーエリアである。システムも女の子の質も概ね同じような内容であるが、店によっては超美人もいるし、面白い演出をしている店もあります。エドコンよりは白人が多い印象。あまり日本人向けではないため日本語の通じる度は低いです。

バーファイン:2,500~3,500ペソ(5,500~7,700円)、女の子へのサービス料:1,000ペソ~(2,200円~)、合計:3,500ペソ~(7,700円~)なので、エドコンよりは少し安い印象。

<主な店舗>

  • リングサイドバー(Ringside bar)
  • ボトムス(bottoms)
  • プランビー(planB)
  • コジャックス(KOJAX)

ブルゴス通りの遊び方

3.ロハス通り

マニラのマニラ湾沿いの大通り沿いにいくつか大箱のバーがならんでいる。高級KTVイースト・アジア(East Asia)やエアフォースワンなどがあるのもこの地域。ショーなども行っているバーが多く、基本的には高いので大人数で行って部屋ごと借り切るパターン以外はあまり使わない。

高級KTVイースト・アジア(East Asia) ショークラブ

4.アンヘレス

マニラから100kmほど北に行ったところにある街。元米軍クラーク空軍基地周辺に作られた歓楽街。軒数は100軒を超える。フィリピン国内いやアジアの中でも屈指の歓楽街である。コスパでいうとフィリピン一であると思う。

田舎なので相場もマニラと比べて遙かに安い。バーファイン:1,500ペソ(3,300円)、女の子へのチップ:100~200ペソ(220~440円)、合計:1,600~1,700ペソ(3,520~3,740円)

<主な店舗>

  • ドールハウス
  • アトランティス
  • ブルーナイル
  • ランセロット

アンヘレスのフィールズ通りで5000円で遊ぶ方法

5.スービック(バリオバレット)

マニラから北西に100kmほどいったところにある経済特区。やはり米軍基地が発端で発展した街。アンヘレスよりは小規模ながら、ゴーゴーバーが立ち並ぶ。アンヘレスからも日帰りでいくことが可能なので、海で遊ぶついでに寄ってみるのも面白い。

相場は、バーファイン:1,200~2,000ペソ(2,640~4,400円)

バリオバレット(スービック)のゴーゴーバー街

6.プエルトガレラ

sabang_disco01マニラから100kmほど南下し、船で渡ったミンドロ島にあるプエルトガレラに、他のゴーゴーバーとは少し違いますが、連れ出しバーがあります。店に雇われている女の子が座っていたり踊っていたりして客待ちしています。サバンビーチという場所に6軒ほどありますが、相場は一律で3,000ペソ(6,600円)です。

田舎の割には少し高めなのは観光地価格ということか。しかし、都会のギスギスした感じは全くありませんので、のんびりマッタリしたい人には向いてます。女の子も穏やかな子が多いですよ。

ゴーゴーバーは一つの通りに6店舗ほどしかないので、1日あれば全部覗けてしまいます。物足りないと感じるか、マッタリできて良いと感じるかは人それぞれですね。

<店舗一覧>

  • サバン(Sabang disco)
  • フィリピンビレッジ(Philippine village disco)
  • ヴィーナス(Venus disco)
  • ブロードウェイ(Broadway disco)
  • ココリップ(Cocolip disco)
  • ミッドナイト(midnight disco)

プエルトガレラのサバンビーチのゴーゴーバー

7.セブ

こちらも有名な場所ですね。フィリピンではマニラに次ぐ第2の都市なのでマニラ同様に楽しめます。
マニラよりも比較的安全ですが、相場はBFが3,500~8,000ペソ(7,700~17,600円)くらいです。マニラと比較してもさほど安くはないかもしれません。

それでも超都会にはない地方都市の人の良さが感じられるのではないかと思います。

セブのゴーゴーバー(ビキニバー)遊び方

まとめ

どこのお店も入店だけなら無料なので、とにかく入店してみましょう。

そこから先は、ドリンク頂戴攻撃やらチップ攻撃やら色々ありますので気前良く払うも良し、渋ちんに徹するも良しです。それぞれのスタンスで楽しみましょう。

基本的にフィリピン女性は明るくて大らかなので気に入ってもらえれば結構おいしい思いはできると思います。
あんまり型にはまるタイプの人達ではないので。

2016年、ドゥテルテ大統領に交代になったことで営業時間が夜1時までに変更になっていたります。以前のように朝まで営業してなかったりしますので、早めの時間に遊びにいくのがよいかもしれません。

では良いゴーゴーバーライフを!

 

ピーナ

可愛いフィリピーナと出会う方法

皆さん可愛いフィリピーナと出会いたいですよね。
できればカラオケやベイカフェ以外の場所で知り合いたいな。。。でもどこで知り合うんだろう??
私もそんな風に思ってる時期がありました。
ネット全盛の今だからこそ、良い出会いがあります。彼女作りはもちろんセフレも可能ですよ^^
ネットの出会いが増えたからベイカフェの女の子の質が下がってるという話もあります。
実際、わざわざ出かけなくても携帯があれば繋がれますからね。
良い時代になりました(*^。^*)
右上のメニューから日本語版にもできます。

可愛いフィリピーナと出会う

ボタン類

↓↓↓面白かった方はクリックお願いします↓↓↓にほんブログ村 大人の生活ブログ フィリピンナイトライフ情報(ノンアダルト)へフィリピンサイト トップ100-filipin site Top100

公開日:
最終更新日:2017/09/23


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です