世界中で夜遊び【ナンパと風俗】

ナンパから風俗まで。ゴーゴーバー、置屋、援助交際カフェはもちろん、世界中の女の子と遊ぶための情報サイト

インドネシアの風俗・夜遊び情報まとめ【2017年最新版】

girl08トゥレマカシ~。人口も2億人を超え、経済成長著しい国の一つとなっているインドネシアです。
経済が潤うということは、イコールおねえちゃんも潤っているはず(謎)

インドネシアはイスラムの国であることは有名ですが、中東のように厳格なイスラム教徒かというと、どうやらそうでもないようで、むしろ若い子たちの性は乱れに乱れていますw

そんなインドネシアの風俗事情はどうなっているのかみてみましょう。

インドネシアの風俗・夜遊び事情について

インドネシアと言っても、島国ですし国土も広いので場所によってだいぶ差があります。各地で様々な夜遊びが繰り広げられていると思われますが、旅行者が行く場所で考えると、首都「ジャカルタ」、アジア屈指のリゾート「バリ」、エロが島「バタム島」の3つになるかと思います。

女の子は色黒ですが、意外と美形もいます。ローカル系はほとんどがサルですけどねw ただし中華系は色白で美人も多いですよ。
あとは、インポート系と言われる、いわゆる外国人も多いですので、インドネシアに居ながら、タイ、フィリピン、ベトナム、ロシアなどなど各国の女性と一戦交えることも可能です。

料金相場

風俗の料金相場は都市によってまちまちと思われるので、3都市に分けて考えると、ジャカルタ>バリ>=バタム島 という順番ですかね。やはり都会の方が高くはなります。その分、美人度は上がるとは思いますが。

為替レートは
1ルピア=約0.0083円
1,000ルピア=約8.3円
(2017年10月9日現在)

ルピアは桁がとんでもなく多いので、たまに混乱しますが、インドネシアの金額から0を3つ減らして、8倍するとだいたい日本円になります。
例えば、10,000ルピアであれば、10×8=約80円。
という具合です。

桁を間違えるとエライことになりますので注意しましょうねw
街中だと下3桁の0を消して料金表示していたりします。あまりに長すぎるからでしょうね。
例えば「10,000」ルピアであれば、「ten」と言って来たりしますので混乱しないように。

ジャカルタの夜遊び

さすがに首都だけあって、風俗も豊富です。というかバンコクにも負けず劣らずの性都ぷりです。
女の子もインドネシア人だけでなく、中国人やベトナム人、白人などもいます。
安いところは安いですが、場合によってはそうでもないところもありますね。

パラダイス・スパ(ソープランド):80万ルピア~250万ルピア(7,000円~2万円ちょっと)
日本でいうところのスーパー銭湯を高級にしたようなイメージでしょうか?だいたいホテルに併設されていることが多いです。
「アレクシスホテル」や「マリオボーロホテル」などが有名です。

参考:ジャカルタ・マリオボーロホテルの「パラダイススパ」

置屋:20万ルピア~(2000円くらい~)
置屋には「ホテル置屋」と「ローカル置屋」の2パターンあります。

ホテル置屋は貧乏くさい小さいお店ではなく、ホテルに設置されているパターンです。「クラシックホテル」が有名ですね。

ローカル置屋は、まさに掘立小屋のような小さい部屋で一発やるというスタイル。2016年春に壊滅したカリジョドがこれにあたります。カリジョド以外にも想像を絶するような置屋があるので上級者向けかも。

※2017年3月現在、別の場所で新しいカリジョドが復活しているようです。

参考:ジャカルタの置屋はフェラ上手の美人ぞろい

売春バー:100万ルピア~(9000円くらい~)
CJ’s Barが最も有名ですね。バンコクのテーメーカフェ、マニラのLAカフェに並ぶ援助交際バーです。

カラオケ:ブロックMと呼ばれる日本人街のような場所に密集しています。
ディスコ・クラブ:現地の若い中華系美女たちの遊び場となっており、男性の客層は外国人が多い。日本人も人気です。場所によってはプロがいます。

ジャカルタ風俗・夜遊びの詳細は下記記事を参照のこと

バリの夜遊び

バリの中の夜遊びスポットとしては、クタ、レギャン、サヌールという場所が有名です。

クタ、レギャンはサーフィンの聖地のような場所。欧米系のパリピがいっぱいいて海は汚い。
サヌールはもう少し落ち着いた綺麗なビーチのある場所です。

夜遊びの種類としては、マッサージパーラー、カラオケ、デリヘル、立ちんぼ、サヌール置屋、クラブなどなど、とりあえず一通り揃ってはいます。
が、アングラなものはだいぶ淘汰されているようでスパがメインになるかと思います。

<スパ>
マッサージしてもらって、最後は手コキまたは本番でフィニッシュとなります。

ボディマッサージ+HJ:60万ルピア
ボディマッサージ+最後まで:80万ルピア
3Pマッサージ:170万ルピア

クタにもできたロイヤルパレススパ(Royal palace Spa)、同じくクタのリ・フリーズスパ(Re-Frezz-Spa)、空港近くのバイパス沿いにあるオナシススパ(Onasis Spa)などが有名店です。

<番号置屋>
金魚鉢にいる女の子の中から指名して、隣接されているバンガロー(簡易宿泊所)でプレイする。

30万ルピア(2,400円)~

観光客にはだいぶぼったくるようなので、覚悟の上、挑んでください。自力で探すのが安くなる秘訣です。自力で行っても50万ルピアとか言われましたがw 値下げ交渉が必須です。

入り口に番号が書いてある番号置屋は有名ですね。
置屋はだいぶ閉鎖になっているという話もありますが、2017年9月時点では、サヌールのJIダナウ・ポソという通りに最も多くありました。

<エスコート>
いわゆるデリヘルです。
1時間で50万ルピア、2時間で100万ルピアとなる

<クラブ>
レギャン通りに多くあります。
観光客の入場料は無料か100円程度。店内で、お酒を頼んで踊ったり、遊んだりできます。
欧米人はもちろん、日本人の女の子も遊びに来ていたりしますので、声をかけてみてはどうでしょう。

バリ風俗・夜遊びの詳細は下記記事を参照のこと

バタム島の夜遊び

2015年から日本人はビザが不要となったため、シンガポールからの日帰りもだいぶ行きやすくなりましたね。

24時間連れ出しOKというスーパーロングが存在するバタム島です。
置屋に行って数いる女の子の中から気に入った子を指名して連れ出したら、翌日の朝までOKという、ロング派にはたまらない場所です。

遊び方としては、ホテルで何発もやりまくるか、夜はディスコに行ってハイになった後にやりまくるか。って感じです。もう少し大人しめなところで、カラオケもあります。

置屋:ショートなら4000円、ロングだと6000円~1万2000円

しかし残念ながら、美人は少ないです。なぜなのかわからないのですが、田舎でブスが多い割に高いのでコスパは悪いと感じます。
シンガポールに行ったついでに余裕があったらついでに行くくらいの感覚で良いのではないかと思います。

参考:女子率が高いエロが島・バタム島

インドネシア風俗・夜遊びまとめ

インドネシアの女の子は色黒が基本なので、そういう系統がダメな人には向かないですね。ただ、色が黒くても美形はいますので、個人的にはエキゾチックさに逆にゾクゾクしますよ。ただし、サル系も多いのでちゃんと選んでください。サル好きなら問題ないです。

性格はピンキリですが割と擦れてない子が多い印象です。高級店やシンガポールとかに出稼ぎに行ってる子は美人な印象です。

インドネシアもまだまだ価格的には安い部類に入りますので、思う存分楽しんでくださいね。

インドネシア人の可愛い彼女を作る方法

昨今、経済成長の著しいインドネシアですが、インドネシアも親日国です。
長年にわたる多大なるODAによって、今のインドネシア経済があると信じている国民も多いので日本人は好まれているのです。日本人というだけでアドバンテージがあります。
インドネシア人の彼女・セフレが欲しい人はこのサイトから

国内で可愛いセフレを作る方法

一人で風俗も楽しいと思いますが、セフレと遊ぶのも楽しいと思います。セフレはどこで見つけるの?っていう人もいるかと思います。

セフレの作り方の簡単なコツと出会いの方法をお教えします。↓↓↓

外国人の可愛いセフレを作る方法

世界には日本人じゃなくてもいっぱい美女がいます。
そんな美女たちと一回くらいは付き合ってみたいと思いませんか?
でも、どうやって女の子と知り合うの?
最近ではこういう方法もあるんです!
↓↓↓

公開日:
最終更新日:2017/10/09