出会い系で上京したての女の子と出会った話

ハッピーメール<18禁>を使って、上京したての女の子と出会いました。

上京したての女の子は、すごく寂しいので、出会うことが簡単なのです。

誰でも、一人で家族の元を離れて過ごすのはホームシックになります。
ですから、非常に狙い目なのです。

どんなに可愛い女の子でも、学校が休みで始まるまでは、寂しさのあまり泣き出したりするほどです。

もし、春休みや夏休みなどの長期休暇期間になれば、非常に寂しくなります。
何故なら、今まで地元であれば、今までの友達と気兼ねなしで遊べるのに、新しい土地に来た場合は、誰も知り合いがいないので、一人で遊ばないといけないからです。

彼氏などを作ろうとやっきになったりしますが、タイミングが大事なので、どんなに可愛い女の子も彼氏がいない期間もあるのです。

今回は、上京したてのとても可愛い女の子と出会い系サイトを使って知り合いました。 とても美味しい思いが出来たので、本当は誰にも知られたくなかったのですが、描かせていただきました。

上京したての女の子との出会いのコツ

前に述べましたように、上京したばかりの女の子と言うのは、非常にさびしい思いをしている女の子というのが多いのです。

ですから、いとも簡単にとても可愛い女の子が口説けることがあります。

今回はハッピーメールを使って、上京したての女の子を探してみました。
そして、一人とても可愛い女の子を発見しました。

地元の国立大学を卒業後に、上京して来て働いているらしく、とてもかわいらしい感じでした。
国立の大学も有名な大学だったので、ラッキーと思いました。

高学歴女子を落とすのがすごく好きなんですよね(笑)
高学歴女子はお嬢さん育ちで世間知らずなことも多いので、育て甲斐があって、とても楽しいのです。 恋愛に関しても、頭が良い分飲みこみが早いので、色々と吸収してくれるのです。(笑)

まずは、メッセージから始めることにしました。
メッセージを数回交換して、LINEに移行することに成功しました。
LINEでメッセージを交換していないとなかなか距離を詰めるのが難しいんですよね。

「最近、上京して働いているから、寂しいんですよね。ほんと彼氏もいないし・・・」
「そうなんだあ。」
「こっち来る前に彼氏と別れて来ているんですよね。距離が遠いとどうしようも無いから、もう、別れようと言うことでこっちに来たんですよね。」
「そっか。そりゃ寂しいよね・・・」
「そうなんすよね~」
「まあ、悩んでいても仕方ないから、どっかに一緒に出かけてみませんか?」
土曜日だったので、多分、向こうも休みだろうと思って、こういう風に誘ってみました。

「そうですね・・・まあ、今日は、土曜日だし、明日は休みだから、別に構わないですよ。」
「じゃあ、決まりですね。どこか、見晴らしが良い所に行ってみませんか?そしたら、彼氏と別れたことも忘れて気が晴れると思いますよ。」
「そうですね。そうすれば、気が晴れるかも知れませんね!!」
「では、駅の前あたりで待ち合わせにしますか?」
「では、お願いします!!」
と言って駅の前で待ち合わせをすることにしました。

出会った時の様子

駅の前で待ち合わせをすることにしていたのですが、10分ほど待ちましたが、なかなか来ません。 心配になり、メールをしましたが、返事もありません。

「しまった・・・すっぽかされたか・・・」と思って、帰ろうかなと思っていた所、駅の改札に向かってすごく可愛らしい女の子が走って来ます。

「はあはあ」と息を切らしています。息を切らす姿も可愛らしいです。
まだ、その女の子と決まったわけでは無いですが、声を掛けてみました。

「あの・・・○○さん?」と聞くと、「はい!そうですよ!」と元気な声で答えてくれました。
流れる汗がセクシーです。

「せっかく家でシャワー浴びて来たのに・・・電車が遅延して、走ってきたんですよ・・・また、汗かいちゃって・・・ごめんなさい・・・はあはあ」と息を切らせながら喋ります。

「大丈夫ですよ!良かったら・・・」とハンカチと飲みかけのペットボトルを渡すとゴクゴクと飲んでくれます。
飲んでいる姿が、エロくてかわいらしいです。

身長も高めで細身な割には胸も有るのでとてもセクシーな感じです。
「ありがとうございます!!はあはあ!!」そう言って、飲みかけのペットボトルを一本平らげました。 ハンカチでも汗を拭いていただいたので、汗がしっかり染み込んでいます。

「あ・・・ごめんなさい・・・こんなに汗が染み込んじゃて・・・はあはあ!!洗って返しましょうか?はあはあ!!」 と言うので、これを洗って返してもらうほど、間抜けではありません。

(笑) こういうハンカチはコレクションしなきゃ(笑)
「いいですよ!大丈夫です!」と言いながら、さらっと汗だらけのハンカチを返して頂きました。(笑)

「車を近くに停めてあるので、ドライブにいきましょう!」と言ってドライブに行きました。
田舎の方に行くようにしました。
田舎の民宿のようなところで食事をすることにしました。

民宿のおばあさんは私たちをカップルと思っているようです。
「おやまあ、カップルさんですか?」 のように聞かれて、女の子が「はい!」と言いながら、腕に寄り添って来ました。
こちらを見て、舌を出して、茶目っ気たっぷりです。(笑)

すごく美味しい田舎料理を味わった後に、暗くなったので、どうしようかとい思っていると「もし、良かったら・・・泊まって行きませんか・・・?」と女の子の方から切り出して来ました。

私も、「はい・・・」と緊張しながら返事をして来ました。

「今日は、他のお客さんもいないので、二人でお風呂に入るとえですよ。ふぁふぁふぁ。」 とおばあさんが笑って来ました。

笑い方が、魔法使いのおばあさんのようです。(笑)
二人でお風呂に入るとなんとかまど炊きのお風呂で、おばあさんが焚いてくれました。
「お湯加減いかがですかえ?」と言うように何度も聞いて来ます。
二人を煮て食べる気でしょうか(笑)

まあ、冗談はともかく、二人で、体を洗いっこしたりして、本当に楽しい時間を過ごせました。 布団も用意してありました。 布団に入ると手を握って来ましたので、手を握り返すとキスを来ました。

胸を揉んだ後に、挿入して、とても熱いラブラブな時間を過ごしました。 彼氏と別れたようで、すごく寂しかったようで、今回は慰めて欲しかったようです。

まとめ

今回使った出会い系アプリはハッピーメール<18禁>です。

PCMAXやイククルなんか使えますが、ハッピーメールは会員数1700万人を突破している巨大サイトですので、女子からの信頼性も高く、おススメですよ^^

ハッピーメールの特徴や損しない使い方はこちらから