世界中で夜遊び【ナンパと風俗】

ナンパから風俗まで。ゴーゴーバー、置屋、援助交際カフェはもちろん、世界中の女の子と遊ぶための情報サイト

バンコク・ナナプラザで後悔しないための2017年最新情報まとめ

      2017/05/11

nana01ナナプラザと聞いて、行ったことがなくても、どこかで聞いたことがあるな。と思われる方もいることでしょう。
ナナプラザの看板には「The Worlds Largest Adult Playground」と書いてあり、まさに自分たちがNO.1なんだ。というような自信のほどがうかがえますね。

では、ナナプラザとはいったいどんな場所なのか、ご紹介したいと思います。

ナナプラザとは?

ナナプラザ (英語: NANA PLAZA 通称:ナナプラ) とはタイの首都バンコクはスクンビットエリアにあるゴーゴーバーの密集地帯で、バンコク3大ゴーゴーバーエリアの一つである。

3大エリアとは、「ナナプラザ」「ソイカウボーイ」「パッポン」の3つであるが、3大エリアの中でもクレイジー度が際立っている。バンコクと言ったら「ナナプラザ」というくらい有名な場所なので、行ったことが無い方は一度は行くべき場所である。

下部にある動画をみていただければわかると思うが、ナナプラザは3階建の建物で、バービアやゴーゴーバーがひしめき合って営業している。ゴーゴーバーだけでなく、ラブホテル的なヤリ部屋や、何故か美容室まである総合施設である。

中には、オカマのゴーゴーバーも多数ある。
冷静に見れば解るのだが、初心者の方、特に初バンコクの方などは結構な確立で引っかかったりするので注意が必要。
冗談抜きで女より可愛いオカマがうじゃうじゃいるのがタイだ。

ナナプラザの動画


この動画は19時頃の様子である。まだお客も女の子も揃っておらず、ピークは21時頃となる。

レインボー4前

料金相場

ナナプラザでかかるお金としては以下のように分けられる。

・自分のドリンク代 1杯150B(500円)
・女の子のドリンク代 1杯150B(500円)
・お店に支払うお金(ペイバー代) 700B~1,000B (2,100円~3,000円)
・女の子に支払うお金 2,500B~6,000B(7,500円~18,000円)

もちろん、女の子をお持ち帰りしなければ、自分のドリンク代だけで終了することもできる。

ショートかロングかでも料金は変わってくる。ショートは1発で終わり、ロングは朝まで一緒にいてくれる。ここは好みによって決めましょう。
ショートの場合、2,500~3,000バーツ、ロングの場合、4,000~6,000バーツが2017年時点の相場である。

ざっくり最終的な総額としては4,000B~6,000B(12,000円~18,000円)くらいは平均してかかる。
悲しいことに相場は年々上昇傾向である。

ソイカウボーイの人気店と比較すると値引きに応じてくれる子が多い印象がある。

場所

BTSナナー駅から徒歩7分くらいの場所にあります。アソーク駅からも徒歩で行けます。
ソイ4というかなり賑やかな路地なので、入り口の時点で何かあるなーと感じると思います。

相向かいはナナホテル。1階にはHOOTERSが入ってます。入り口付近には立ちんぼも多数。タクシーで行くなら「ナナプラザ」でも通じますが、ナナホテルとかでもわかると思います。

ゴーゴーバー一覧

nana02ナナプラザ内には20店舗以上のゴーゴーバーがある。
しかし、その中にはレディーボーイの店もあるとなると、じゃあどの店が良いのさ?って話になる。いくつか紹介していきたいと思う。お店によって白人向け、日本人向けと不思議と棲み分けができていたりするので、興味のある方は全部覗いてみてください。

レインボー

ranbow01とりあえず間違いないのは「レインボー」グループ。これは鉄板である。10年以上前から日本人に大人気の店である。まず間違いない。
特にレインボー2レインボー4は美人が多いことで有名である。明らかに日本人狙いらしくカタカナと漢字の看板である。

ちなみに、たまたま知り合いになって意気投合したマレーシア人もレインボー4が一押しだと言っていたw
2017年5月時点で、レインボー4は移転していました。といっても隣に移っただけです。

サッカーズ(SUCKERS)

ナナプラザの入り口を入ってすぐ左側にあるお店。看板も派手なのでかなり目立つ。工事済みの男性も交じっていたりとちょっと気を付けないと、間違ってレディボーイを持ち帰ってしまうこともある。

バンコク・バニーズ(BANGKOK BUNNUIES)

完全に白人、中東向け。ステージが見やすいように段差を作った席になっている。あまり日本人好みの子は少ない。

スパンキーズ

nana03あとはSPANKYSていう店も女の子がはっちゃけてて面白かった。スポンジの棒でバンバン叩いてくれます。
試しに店の前を通ってみたらわかると思う。店内に入ると全裸でシャワー浴びてたり、中も結構凝ってます。2階の左側の並びにあります。

オブセッション(Obsession)

NANA-PLAZA-gogobar-Obsessionとてつもなく綺麗なレディボーイがいる店。1階にあります。
なんで、オカマの店なんだよ!って思うかもしれませんが、タイでは普通なんです。
でも、こんなに綺麗ならオカマでもいいかも??・・・と錯覚させられるくらい綺麗です。見るだけならタダなので試しに見てみてください。

体験談

2007年に初めてバンコク入りしたわけですが、何に驚いたって人々のフリーダムぶりに驚きましたよ。

道を歩いているだけで、男も女もオカマも声をかけてくる。
その内容というのもホテルに行こうだの、遊びに行こうだのといったもの。

そして、目から鱗のゴーゴーバー。
こんなおおっぴらに営業してていいのか?ってのが最初に見たときの感想でした。

さて、まずはナナプラザに行ってみました。
店の名前は忘れましたが、二階にあったお店です。

お立ち台で踊ってる子を少し物色していると、カワイイ子を発見。
早速、席に呼んで話をする。が、タイ人の英語って俺的にはちょっと微妙で、何を言っているのか聞き取りづらい。
「brother」がバターに聞こえるし、「sister」はシザーに聞こえる。

それはともかく、ペイバー代500バーツくらい払って、連れ出す。
近くのホテルでまったり一発。女の子代は確か2,000バーツくらい。

まとめ

ほぼ観光名所となっているので、まずは行くべし。
マニラで言うところの「エドコン」である。エドコンはまだ節度があるが、ここは節度がないw

まさに何でもアリと言える。世界中をみてもここはベスト3に入るクレイジー度であると思う。初めて行く人は間違いなく面食らうであろう。と同時に、タイの包容力の凄さと、ふり幅の大きさを実感できることと思う。

バンコクには他にも様々なナイトスポットが存在する。参考までに。
タイの風俗・夜遊び事情【最新2017年版】

国内で可愛いセフレを作る方法

一人で風俗も楽しいと思いますが、セフレと遊ぶのも楽しいと思います。セフレはどこで見つけるの?っていう人もいるかと思います。 セフレの作り方の簡単なコツと出会いの方法をお教えします。↓↓↓

外国人の可愛いセフレを作る方法

世界には日本人じゃなくてもいっぱい美女がいます。 そんな美女たちと一回くらいは付き合ってみたいと思いませんか? でも、どうやって女の子と知り合うの? 最近ではこういう方法もあるんです! ↓↓↓

 - タイ , , , ,